読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔公子の日記

同人サークルRED RIBBON REVENGERのサークル情報他、台湾、香港、韓国、中国、ヨーロッパなどの旅行日記、日々の戯言などw

ソウル同人誌即売会旅行記 〜一日目前半〜

先週、韓国ソウルで行われた同人誌即売会に行ってきました。
自分のサークル名での参加ではなかったのですが
韓国人の友人が参加していたので、委託という形で本を置かせて頂きました。
その時の日記を数回に渡って記そうと思います。



いよいよ初めての韓国へ!
台湾行きや香港行きの時と違って、日本列島を真西に横断するコースを通ります。


f:id:makoushi:20111228115409j:image
冬で大気が澄みきっているせいか、青空が綺麗です。


f:id:makoushi:20111228115410j:image
やがて海を越えてあっという間に韓国上空へ。
釜山の東側を通るコースだと思うのですが
山が多いのが印象的でした。


やがて二時間半の行程で韓国郊外の金浦空港へ。
巨大空港の仁川空港よりもソウル側にある比較的小さな空港です。
着陸中のため写真は撮れませんでしたが
ソウル近郊はビルだらけでした。
さすがに国家人口の五分の一の1000万人が集中しているだけはあります。


空港へは李さんが迎えに来てくれました。
李さんとその友人の方々には、今回大変お世話になりました。
本当にありがとうございます!



f:id:makoushi:20111228115412j:image
f:id:makoushi:20111228115411j:image
ソウル市内の様子。
最近は台湾や香港に行くことが多いですが
やはり都会はどこも高層ビルが多くて似た雰囲気ですね。


李さんに何人もの友人を紹介してもらいました。
「アンニョンハセヨ!(こんにちは!)」と挨拶すると
「こんにちは! あ、日本語話せますよ」


次の人も
「アンニョンハセヨ!」
「こんにちは! 日本語大丈夫です」


って、日本語通じる率が高いwww


李さんに聞いたら、アニメ関係に限らず
大学の選択科目で日本語を選ぶ人はかなり多いそうです。



f:id:makoushi:20111228115413j:image
夜は李さんと紹介してもらった友人のペクさんとギムさんともう一人の李さんと居酒屋へ。


f:id:makoushi:20111228115414j:image
途中で日本式のお店も!w


たまたまかと思ったらあっちにもこっちにも!
ここでは写真をあまり撮りませんでしたが
他の場所にも日本式居酒屋はかなりの数がありました。
f:id:makoushi:20111228115418j:image
f:id:makoushi:20111228115417j:image
f:id:makoushi:20111228115416j:image
f:id:makoushi:20111228115415j:image
f:id:makoushi:20111228115408j:image
f:id:makoushi:20111228115421j:image


この日来た場所は近くにある大学生が集まる飲み屋街だそうで
歩いているのはほとんど学生でした。
ちなみにこの地区の居酒屋の約30%は日本式居酒屋だそうです。
そんなに人気があるとはビックリでしたが
実際にこれだけの数のお店があるのだから
そうなのでしょう。


f:id:makoushi:20111228115420j:image
入ったのはビアホールのような感じのお店。


f:id:makoushi:20111228120323j:image
早速ビールが来ましたが、ピッチャーで3リットル!!
しかもお値段は1000円です!
韓国のビールはあまり美味しくないのが多いそうですが
ここは店のオリジナルビールだそうで、味も飲みやすくて良かったです。


f:id:makoushi:20111228115419j:image
つまみは干物セット。
目刺しと鰯の中間くらいの大きさの魚が美味しかったです。


このお店のテーブルは面白くて、ビールを冷やす穴が開いています。
穴の中が電気的に冷えていて、ここにグラスを入れておくとビールが冷たいままなんですね。
四人でビールを6リットルほど飲んでw 色々と話しました。



李さんとペクさんとは別の日にも飲んだのですが
日本と韓国の情勢やお互いの国の印象について、かなり話しました。
最初はなるべく深い部分には触れないように、とも思っていたのですが
やはりお互い気になるところですし、今後とも仲良くしたいので
慰安婦問題など、かなり深い内容についても語り合いました。


自分と李さんは両方とも大戦中の世代の方が生きているので
(うちの祖父は当時出兵していて、現在96歳でまだまだ元気です)
直接話を聞いていました。


自分は祖父から、当時の日本の韓国に対する政策はあまり良くなかったと聞いています。
自分は大戦中の資料についてかなり調べましたし、日本の良識を信じてはいますが
当時戦争に参加していた祖父がそう言うのなら、それを否定することも出来ません。


歴史認識に関しては、日本と韓国ではやはり差があるようです。
一見同じ事象でもそれぞれの立場で捉え方が違いますし
(これはどちらかが正しいとか間違っているとかという事ではありません)
日本では知られていない事、韓国では知られていない事も色々ありました。


ここら辺に関しては「政府はいつも情報を隠すから」と言う事で3人とも意見が一致しましたw
日本でも韓国でも政府は信用されていないようです。



結構な時間話し合っていたのですが
終始和やかな雰囲気で、自分が責められるような事も無かったです。
李さんは、当時の事で今の自分達が喧嘩する事はないと言っていました。


そして最後にペクさんが印象的な事を言いました。


「正直な話、日本という国や政府を嫌う韓国人は多い。
 でも日本人が嫌いな韓国人は少ない」


実際、滞在中に友人以外にも多くの韓国人と接することがありましたが
嫌な顔をされたりする事は一度もありませんでした。
逆に親しげに片言の日本語で話しかけてくれる人は結構いました。


居酒屋は日本語の看板がやたらと目に付きますし
本当に日本人が嫌いなら、そんなお店に人が入るわけがありません。



百聞は一見にしかず、とはよく言ったもので
自分の目で見て経験した韓国旅行は、とても有意義で楽しかったです。


台湾と香港もみんな親切でとても楽しいし
来年も海外へは多く行きたいです。



一日目後半につづく