魔公子の日記

同人サークルRED RIBBON REVENGERのサークル情報他、台湾、香港、韓国、中国、ヨーロッパなどの旅行日記、日々の戯言などw

あけましておめでとうございます!(今さらですが)&今年のイベント予定

年明けと同時にインフルエンザでダウンしておりまして、遅くなりましたが…

 

あけましておめでとうございます!

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

f:id:makoushi:20190109175605j:plain

今年も各国語バージョンの年賀イラストを用意しました。

左上からスペイン語、ドイツ語、韓国語、日本語、中国語、フランス語、英語となっています。どれもイベントにサークル参加した国です。

今年はもっと増やせると良いなぁ…。

 

コミックマーケット95お疲れ様でした!

ここ数年は艦これジャンルでの申込でしたが、今回は久しぶりに男性向け3日目にしました。懐かしの古巣に帰ってきた感じですw

参加日が変わってもいつも通り多くの方にスペースにお越し頂きまして、誠にありがとうございました!

おかげさまで新刊、既刊ともSAO本は多くの方に手に取って頂けました。

(旅行本はいまいちだったので、やはりそっち系を求めていらっしゃる方が圧倒的でw)

 

新刊「夢の国のアリス」と「同人誌即売会&旅行記5 香港&マカオ編」それと既刊の「夢の国のアリス」や旅行本の2~4は各書店で委託中ですので、冬コミに来られなかった方は是非(書店によって在庫が違います)

 

メロンブックス https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=7204

とらのあな https://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/cot/circle/2UPAeA6P8U7Kd26Sd687/all/

コミックZIN https://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=240

ブックメイト https://bookmate-net.com/ec/maker/796?secan=dojin

 

ダウンロード販売もそろそろ開始される頃ですので、こちらもどうぞ。

完売した本もダウンロード販売でご提供しております。

 

メロンブックスDL https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=7204

DLsite https://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG09553.html

DMM.com https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/list/=/article=maker/id=70669/

 

 

さて、今年のRED RIBBON REVENGERの活動予定ですが、とりあえず下記のイベント参加を考えています。

 

2/10 Palette Ring 綜合同人展(香港) 確定(ただし魔公子は行けません)

2/16&17 Fancy Frontier(台湾・台北)  確定

3/2&3 ComiDay(中国・成都) ほぼ確定

4/29 COMIC☆1(東京ビックサイト) 検討中

6/7&8 ComiCup(中国・上海) 検討中

6/15&16 Madrid Otaku(スペイン・マドリード) 確定。公式ゲスト

7/4~7 Japan Expo Paris(フランス・パリ) ほぼ確定

7/14 第4回 十七駆オンリー 藤永田スペシャル(大阪・味覚糖UHA館7F) 検討中

7/15 金沢合同祭(金沢艦娘祭) 検討中 

8月 夏コミ 受かれば

 

日本国内のイベントより海外のイベントの方が多い気がしますがw

今年も精一杯頑張っていく所存ですので、どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

#SSSS_GRIDMAN グリッドマンのEDテーマの考察

冬コミ原稿が終わって暇になったので、グリッドマンのEDテーマ(毎週流れていたもの)について考察してみましたw

 

最初は一部で噂されていた「現実世界のアカネは六花の姿ではないか?」「EDテーマは現実世界を描いているのでは?」が当たりかとも思ったのですが、色々考えていくうちに違うような気がしてきました。

 

まず「現実世界のアカネは六花の姿」の方ですが、この説の最たる根拠となったのは、最終回ラストの実写パートの女優が六花と同じ髪型だという事でした。

しかしこの女優はウルトラマンXに出演した「坂ノ上茜(アカネ)」か、新条アカネの声優である「上田麗奈」のどちらからしいとの事。

つまり円谷プロの特撮繋がりで名前がアカネだから、もしくはアカネの声優だからで選ばれたわけで、髪型は関係が無い可能性が大です。

 

また、現実世界では一人ぼっちだったアカネ(怪獣少女アノシラス談)ですから、そんな自分を好きであるはずもなく、自分が自由に創造できる世界に自分の姿をしたキャラクターを作るのは矛盾している気がします。ましてや「やっぱ六花は良いよ。他の子とはちょっと違う。私の近くにいるべき人」(8話)等、アカネは六花に固執しているので、余計に自分の姿とは考えにくいです。

 

さて問題のEDテーマですが、前半部分とラストの六花が一人で立っているシーンは冬(六花の服装がタイツ&セーター)で、アカネと六花のシーンは春(冬服で背景の木が緑)と考えられます。

 

そして歌詞と合わせて考えてみると…

 

f:id:makoushi:20181227143745j:plain

f:id:makoushi:20181227144032j:plain

f:id:makoushi:20181227144611j:plain

『崩れてしまいそう 見つめる景色 空の青さも全部

汗ばむ季節の 虚無感の答え 誰も知らないんだな』

 

六花が物憂げに教室を眺めるこのシーン。

教室にアカネの姿はなく、三枚目のアカネの席に置かれている紙パックがアカネが飲んでいたものとは違う事からも、アカネがすでに現実世界に帰った後の冬だと思われる。

 

ただ気になるのは歌詞の「汗ばむ季節の 虚無感の答え 誰も知らないんだな」の部分。

汗ばむ季節=春から夏の事だと思われるが、その虚無感の答えを誰も知らない。

つまりこの期間の何かが抜け落ちているのに誰も気づかない、具体的にはアカネの存在をみんなが忘れているという可能性も。

 

そしてここから続くシーンが

 

f:id:makoushi:20181227145008j:plain

4月にアカネと六花が出会った頃のようだが、このシーンの歌詞にあるように

 

『思い出せなくってもきっと僕らの出会いは どこかで何かでつながれていた』

 

六花自身もアカネの存在を徐々に忘れそうになっている、でも心のどこかで…

みたいに思い出そうとしているのでは?

 

f:id:makoushi:20181227152632j:plain

f:id:makoushi:20181227152714j:plain

アカネを見つめる六花がどこかポカーンとした表情をしているところや、アカネの顔の上半分が隠れて見えないあたりも、それを暗示しているように思われる。

 

f:id:makoushi:20181227161511j:plain

f:id:makoushi:20181227161551j:plain

指で手すりを走る真似をするシーン、最初は六花がやっているのかと思ったものの、何度も見直すとアカネがやっているようにも。

 

f:id:makoushi:20181227161811j:plain

「こんな風に助走付けてジャンプすれば飛べる気がしない?」

 

f:id:makoushi:20181227161910j:plain

「なに馬鹿なこと言ってるのよ」

 

みたいな会話をしている感じが。

本当は殻を破って飛び出したいアカネの願望を表しているのかも。

 

f:id:makoushi:20181227165430j:plain

入学当初の春先は二人の仲はとても良かったように見えるのだけれど、どうもこの後で何かあったようで…。

この回想シーンでは六花の席は教室の窓側一番後ろの一つ内側(7枚上の画像) つまりアカネの隣の席なのに対して、作中では教室の廊下側一番前というアカネから一番遠い場所になっている。これはアカネが途中から変えたのでは?

 

4話でも六花のセリフ「前はよく朝一緒に学校行ったりしたけど、最近あまり話してなかったっていうか…」に対してアカネは「そうかな? 全然気づかなかった」と、素っ気ないそぶりを見せるものの、8話では「やっぱ六花は良いよ。他の子とはちょっと違う。私の近くにいるべき人」と、非常に固執した様子を見せる。

 

f:id:makoushi:20181227173528j:plain

『君が待っていてもいなくても 走るよ』

 

アカネに嫌われても、アカネがいなくなっても、自分は友人でいたいという六花の決意?

 

f:id:makoushi:20181227171019j:plain

「すぐに消えそうな一瞬はこんなにも 美しかったか 愛せていたか」

 

この部分は歌詞に合わせてアカネの口も「美しかったか」と言っているように見える。

 

f:id:makoushi:20181227171417j:plain

「愛せていたか」の部分は若干物憂げな表情。

これらが何を指しているのかは分からないものの、アカネの心の中にある寂しさの吐露なのかも。

 

f:id:makoushi:20181227171728j:plain

そして「心の穴を満たして」の部分。アカネは六花に向かって指を一歩近づける。

これは歌詞のまま、自分の心の穴を六花に満たして欲しいという意味なのだろう。

 

この後おそらく六花はアカネの心の穴を満たすことはできず、夏になる頃アカネは六花と距離を置くようになった。

 

f:id:makoushi:20181227172659j:plain

でも結局、最終話でアカネの心の穴は六花によって満たされる。

 

f:id:makoushi:20181227172814j:plain

EDの最後、冬の屋上で一人空を見上げる六花。

たとえ他のみんなの中からアカネの記憶が消されていたとしても、彼女だけはやっぱり…

 

 

以上、EDの考察でした。

 

ちなみに一番の歌詞は六花からアカネへの気持ちを表していると思うのですが、二番の歌詞は逆にアカネから六花への気持ちを歌ったもののような気がします。

 

f:id:makoushi:20181227185937j:plain

そしてここまで書いておいて実はもう一つ気になる点が。

実はEDと本編では教室の机と椅子の数が違う(EDでは窓際とその隣の列が2席少ない) のです。

アカネが去ったので1席少なくなるのはともかく、2席はおかしいので、EDはクラス替えした翌年ではないのか? と考えてみると…

実はEDの春のシーンは六花に会いたくなったアカネが翌年一瞬だけ戻ってきたのでは?

なにせこの春のシーンはアカネの表情に邪気のようなものが一切感じられなくて、すごく晴れやかな表情が多いので、本編後っぽい気がするのです。

その場合は「心を満たして」の部分のアカネの指の動きは「私は現実で一歩を踏み出したよ」という報告なのかも。

 

色々と考察ができて面白いですね。

 

さて、来週月曜日はいよいよ冬コミ参加なので、持っていく本の準備をしなくては。

C95当選しました!

【C95当選しました】
 
◎あなたのサークル「RED RIBBON REVENGER」は
月曜日 東地区“Z”ブロック-30b に配置されました。
 

久しぶりに3日目(31日)の配置ですので、お間違いのないようお願い致します。

 

 f:id:makoushi:20181103104219j:plain

新刊は夏コミのSAOアリス本の続きと、旅行本の新作の予定です。

 

C94新刊委託情報と8月以降のイベント参加予定。

夏コミに参加されました皆さん、お疲れ様でした!

今回も艦これジャンルでの申し込みだったため、一日目の参加となりましたが

今年は例年に比べて参加者の数が少なかった感じがします。

8月10日はまだお盆になっていないので、会社を休めなかった方も多かったのでしょう。

 

夏コミに来られなかった方で新刊にご興味がある方は

是非委託書店をご利用いただければ幸いです。

 

 

C94新刊「アリスの夢 ~The another world~」

f:id:makoushi:20180530235213j:plain

とらのあなさん

https://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item/040030654219

 

メロンブックスさん
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=388503

 

ブックメイトさん
https://bookmate-net.com/ec/3447

 

 

夏コミ以降のイベント参加情報は下記の通りです。

 

★9/2 こみっくトレジャー インテックス大阪

 配置 ヌ26ab RED RIBBON REVENGER 夏コミ新刊やタペストリーなど。

 

★10/14 COMIC1 東京ビックサイト

 SAOで申し込んでいます。

 

★10/27 Petit Fancy 台湾・台北

 7月のFFに参加できなかったので、久しぶりの台湾同人誌即売会です。

 

★11/4 おもしろ同人誌バザール6 ベルサール神保町アネックス

 http://hanmoto1.wixsite.com/omojin

 旅行本を持っていきます。新刊もあるかも?

 

★12/31 冬コミ 東京ビックサイト

 新刊はSAO本の予定なので、今回は3日目の申込です。

 

また下記の3イベントの委託コーナーで艦これ本3種をお願いしています。
★8/26 大九州合同祭20熊本
★9/30 中四国合同祭7広島
★10/8 大九州合同祭21小倉

 

 どうぞ宜しくお願い致します!

C94夏コミ情報です!

すみません。原稿と遠方のイベント参加にかまけて、日記の更新がおろそかになっておりましたが、夏コミ当選しました! 新刊も入稿完了です!!

 

C94 8月10日(金) 一日目 東 ミ-21a「RED RIBBON REVENGER」

 

新刊

「アリスの夢 ~The another world~」

f:id:makoushi:20180530235213j:plain

f:id:makoushi:20180804183118j:plain

f:id:makoushi:20180804183135j:plain

f:id:makoushi:20180804183141j:plain

f:id:makoushi:20180804183159j:plain

 

ありえたかもしれないもう一つの物語。

村から逃れて、あのまま成長したアリスとキリトとユージオの3人の話です。

3Pものですが、純愛ストーリーですw

コミケ当日は表紙絵のタペストリーもご用意しております。

 

コミケへ来られない方は、書店をご利用くださいませ。

予約を開始しております。

 

とらのあなさん

 https://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item/040030654219

 

メロンブックスさん
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=388503

 

ブックメイトさん
https://bookmate-net.com/ec/3447

 

 

既刊

「マックスは深海棲艦に懐かれてしまいました」

f:id:makoushi:20180426085757j:plain

 

今年4月30日発行の艦これドイツ艦本(一般向け)です。

いつものほのぼの鎮守府シリーズに、新たな深海棲艦の仲間が加わります♪

 

 

既刊

「涼月と夜の秘め事」

f:id:makoushi:20180103020756j:plain

 

 今年2月発行の艦これ涼月本(成人向け)です。

涼月が色々とご奉仕しちゃいます!

 

あとは旅行本のスペイン編1と2、ドイツ&リヒテンシュタイン編を持っていきます。

現在スイス編を制作中ですが、今回の夏コミには合わせられませんでした。

楽しみにして頂いていた方には申し訳ありませんが、もう少しお待ち抱ければ幸いです。

 

それでは、夏コミでお会いできるのを楽しみにしております!

熱中症にはくれぐれもお気を付けてくださいませ!

皆さんどうぞ良い夏を!

4/30新刊入稿完了! 書店予約開始しました!

 

f:id:makoushi:20180426085757j:plain

f:id:makoushi:20180426085814j:plain

f:id:makoushi:20180426085827j:plain

4/30COMIC1の新刊、艦これ本「マックスは深海棲艦になつかれてしまいました」の入稿が

無事完了しました!

Pixivで漫画の前半部分を公開中です(一応一般向けですw)

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=68402648

 

書店予約を開始しましたので、イベントに来られない方は是非ご利用くださいませ。

 

とらのあな

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/63/13/040030631300.html?TW=1

 

メロンブックス

https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=361623

 

イベントでの初売りは4/30のComic1になります。

表紙の文字なしverB2タペストリーも若干ご用意しておりますので是非。

配置は、か-09a「RED RIBBON REVENGER」です。

 

さらにゴールデンウィークには札幌、新潟のイベントにも参加しますので

こちらにも持っていく予定です。

 
☆5月3日絶対海域札幌遠征 札幌つどーむ 配置お-19&20 
☆5月4日新潟艦娘祭 新潟朱鷺メッセ 配置B-16 

 

f:id:makoushi:20180426090732j:plain

↑こんな感じで、鉄道、空路、レンタカー、海路を利用して

北日本を一回りしてくる予定です♪

 

5月中旬以降のイベント参加情報はこのような感じとなります。

(5/6の砲雷撃戦よーい! は、どうやら申込し忘れてしまっていたみたいで…)

 

5/19&20 上海魔都同人祭COMICUP 中国・上海

5/27 砲雷撃戦よーい!in高雄 台湾・高雄

6/3 軍令部酒保軍令第6号 日本・有明 

6/16&17 Madrid Otaku スペイン・マドリード(ゲスト招待)

7/5~8 Japan Expo Paris フランス・パリ

7/15 金沢艦娘際 日本・金沢

8/ コミックマーケット 日本・有明

9/ Japan Weekend Madrid スペイン・マドリード(ゲスト招待)

 

今後の新刊は旅行本の第5弾としてスイス編を考えています。

それからSAOのアリシゼーション編が10月から放送決定したので

温めていたネタで一冊作ろうかと(こちらは成人向け)

どちらも夏コミに発行できればと考えております。

相変わらず国内外のイベントが忙しいので、時間がとりづらいのですが

頑張ります!!

ドイツ艦娘の新作タペストリーできました!

f:id:makoushi:20180327100224j:plain

新作タペストリーが印刷所から届きました〜!

艦これドイツ艦マックス&レーベ(プリンツビスマルク、ユー、ツェッペリン)です。

3/31と4/1の #西海ノ暁佐世保や、3/31の中国杭州ComicBazaar

4/5&6の中国成都ComiDayに持って行きます。 どうぞ宜しくです!

 

新刊の「マックスは深海棲艦になつかれてしまいました」も

そこそこ順調(w)に制作中です。

4/30のComic1には発行できるかと思います。

 

その後は旅行本の第5弾としてスイス編を考えています。

それからSAOのアリシゼーション編が10月から放送決定したので

温めていたネタで一冊作ろうかと(こちらは成人向け)

相変わらず国内外のイベントが忙しいので、時間がとりづらいのですが

頑張ります!!

 

 

3月中旬以降のイベント参加情報はこのような感じとなります。

 

3/31 Comic Bazaar 中国・杭州

3/31&4/1 西海ノ暁 日本・佐世保(魔公子は杭州へ行っているので、友人が売り子してくれます)

4/5&6 Comic Day 中国・成都

4/30 Comic1 日本・有明

5/3 絶対海域 日本・札幌

5/4 新潟艦娘際 日本・新潟

5/6 砲雷撃戦よーい! 日本・有明

6/16&17 Madrid Otaku スペイン・マドリード

7/5~8 Japan Expo Paris フランス・パリ

7/15 金沢艦娘際 日本・金沢

8/ コミックマーケット 日本・有明

9/ Japan Weekend Madrid スペイン・マドリード

 

日本と世界の皆さんどうぞ宜しくです!!