読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔公子の日記

同人サークルRED RIBBON REVENGERのサークル情報他、台湾、香港、韓国、中国、ヨーロッパなどの旅行日記、日々の戯言などw

酒と国の話

飯!

日本人は割と酒が好きですが、逆に『下戸』という飲めない人も多い不思議な民族です。

自分は大好きなのですが、周りに酒好きはそれほど多くなく

特に酒好きな友人3人と『飲兵衛ズ4』を結成して

予定が合う時に色々な店を開拓しております。

 

残りの3人は会社勤めなので、みんなの予定が合う時は少なく

たまたま3人が合った時は自分が海外だったりw

 

 

そうそう、昨日は新しく知り合った韓国人2人と日本人1人の

計4人で飲みに行ったのですが、彼らは酒強いですねー。

焼肉牛角の飲み放題食べ放題コースだったのですが

ビールのペースが早いこと早いこと!

自分も割と早い方なのですが、向こうは遥かに早かったです。

 

で、二時間飲みまくった後、二次会行こう~って事になったのですが

次の店でも飲み放題をww

最後の方は自分が潰れてましたw

無事家に帰れたのですが、今朝Twitterを見たら、全く記憶に無い自分のツイートがww

一軒目は御馳走して頂いたので、二軒目は払おうと思っていたのですが

今朝財布を見たら全くお金が減っていなかったので

二軒目も御馳走になってしまったようです。すみません…。

 

イベント参加のおかげで、韓国の友人もかなり増えたのですが

やはり酒好きは多いです。そして強い!

初めて韓国に行った時には、イベント前日の明け方4時まで飲んでいて

自分は当日寝坊してしまったのですが、彼らは全然平気でしたw

 

 

一方で、台湾、香港、大陸の友人達は、それほど酒好きではないようです。

一緒に食事する時も、ビールの人は少ないんですよねー。

中国と言うと老酒(ラオチュー)とかアルコール度数の高い酒があるので

みんな酒に強そうなイメージがあるのですが、どうやらそうでも無いみたいです。

 

考えてみれば、中華圏は居酒屋がほとんど無いんです。

最近、日本ブームのおかげか、台湾で居酒屋を時々見かけるのですが

先日入った日式居酒屋はビールを置いてなかったしww

 

 

韓国は日本並に居酒屋が多いです。

特にソウルや釜山の繁華街は日式居酒屋が多く、アサヒビールの看板が目立ちます。

ところがビール好きの韓国ですが、国が定めるビールの麦の割合が低く

韓国の主なビール(ハイト、カス等)は、日本規準で言うと発泡酒になってしまうのです。

なので韓国人からしてみても国産のビールは美味しくないらしく

関税が高くても日本のビールを好むそうです。

 

 

台湾は『台灣啤酒(タイワンピージュウ)』ほぼ一択です。

(無印と金牌があります)

軽めのビールですが、暑い地方で飲むのにはちょうど良く

南方の高雄などを観光して、汗だくになって飲む台灣啤酒はとても美味しいです!

あと、扱っている店が少ないのですが『金色三麦』は

日本のビールと比べても遜色なかったです。

 

 

大陸は『青島ビール』が有名ですが、他にもかなりのメーカーがあって味も様々でした。

ただ総じてアルコール度数は低いみたいです。

また店で飲む時は都市によって物価が相当違います。

先日行った成都はかなりリーズナブルで、上海は東京並みでした。

 

 

香港は香港人達が多い九龍半島には居酒屋はほとんどなく

西洋人が多い香港島にはBARなどが多くあります。

お値段は高いですが、手近な所でヨーロッパな雰囲気が楽しめるので時々行っています。

 

 

ヨーロッパは「水よりワインの方が安い」と言われるだけあって

酒好きには天国です!

スーパーでは1ユーロワイン(約140円)まで売ってますし

比喩でなく水よりワインの方が安かったです。

フランスやスペインやイタリアのワイン、ドイツやベルギーのビールは最高でした。

向こうは店先に椅子や机を並べているところが多いので(と言うかほとんどの店が)

ヨーロッパの町並みを眺めながら、まっ昼間からビールクズという

夢のような体験ができてしまうのです♪

みんな昼から飲んでるので、変な目で見られることも無いですしw

 

 

とまあ、こんな感じで国ごとに酒に対する趣向や文化が違うわけで

とても興味深いです。

これからも酒巡りの旅を続けて行きたいと思います!

(あれ? イベントは?)