読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔公子の日記

同人サークルRED RIBBON REVENGERのサークル情報他、台湾、香港、韓国、中国、ヨーロッパなどの旅行日記、日々の戯言などw

ヨーロッパ周遊記~第十回・フィレンツェ編~

去年の6月~7月に行ったジャパンエキスポinパリの旅行記ですが

イベント日までのヨーロッパ周遊記を書いている途中で

年が明けてしまいました…。

 

いやだって、書きたいところがいっぱいなんですもん!

そのぐらい素晴らしかったので、ご興味がおありの方は

是非このままお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

以前の日記はこちら↓

 

ヨーロッパ周遊記~第一回・翼よあれがパリの灯だ!~

 

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/07/11/185024

 

ヨーロッパ周遊記~第二回パリ地下鉄編~

 

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/07/13/174641

 

ヨーロッパ周遊記~第三回ソミュール戦車博物館編~

 

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/07/16/213226

 

ヨーロッパ周遊記~第四回・ランチ&ソミュール城編~

 

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/07/19/173547

 

ヨーロッパ周遊記~第五回・スペインクエンカ編~

 

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/09/25/182921

 

ヨーロッパ周遊記~第六回・スペインバレンシアバルセロナ編~

 

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/10/19/190532

 

ヨーロッパ周遊記~第八回・バルセロナサグラダファミリア編~

 

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/12/02/211317

 

ヨーロッパ周遊記~第九回・ピサ・斜塔編~

 

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/12/06/192100

 

 

f:id:makoushi:20140105162846j:plain

ピサの斜塔で高所恐怖症を悪化させた後w

鉄道でフィレンツェへ。

 

f:id:makoushi:20140105162854j:plain

 

フィレンツェに到着~♪

治安はそれほどは良くないそうなので、ホテルへ急ぎます。

 

 

f:id:makoushi:20140105162910j:plain

f:id:makoushi:20140105162917j:plain

フィレンツェのホテルはベランダからフィレンツェ市街を見渡せて、すごく良い感じ!

 

それとホテルの支配人(?)が絵に描いたような支配人!って感じのジェントルマンで

雰囲気バツグンでしたw

早速ボンゴレの美味しい店へ。

 

f:id:makoushi:20140105163005j:plain

f:id:makoushi:20140105163011j:plain

f:id:makoushi:20140105163020j:plain

夜のフィレンツェ市街。

やはりヨーロッパの街並みは夜が映えます。

 

f:id:makoushi:20140105163029j:plain

あれ? フィレンツェ??

 

f:id:makoushi:20140105163036j:plain

有名な豚の像。

旅行客はこれを撫でると、またフィレンツェに戻って来られるとか。

自分もナデナデ。

 

f:id:makoushi:20140105163044j:plain

さあ、お店にやってまいりました!

店内も良い雰囲気です。

 

f:id:makoushi:20140105163052j:plain

f:id:makoushi:20140105163103j:plain

ボンゴレきたー!!

うまっ! めちゃうま!!

 

自分が今まで食べてきたのはボンゴレじゃなくて

ポンコツだったのではないかと思うくらい美味しかったです!

 

f:id:makoushi:20140105163116j:plain

f:id:makoushi:20140105163325j:plain

食後は観光名所ポンテ・ヴェッキオ橋へ。

第二次世界大戦中、フィレンツェで唯一無事だった橋で

今は宝飾店が橋の両側に立ち並んでいます。

ヨーロッパは橋も昔のものをそのまま残している所が多く

観光名所になっています。

 

この後、ホテルへ戻って就寝。

この旅行中は朝から晩まで移動と観光の連続で睡眠時間が少ないのですが

全く疲れを感じません! ハイテンション時のアドレナリンってすごいね。

 

f:id:makoushi:20140105163317j:plain

ヨーロッパ滞在5日目、イタリア滞在2日目

ホテルのバルコニーからの眺めです。

ヨーロッパの街並みはどこも綺麗で、上から眺めると最高です!

そりゃ、眺めながらワインも飲んじゃうよ~♪

 

この日は相方のモードエルフさんがお仕事でホテルから出られなかったので、一人で市内観光にお出かけ~。

 

方向音痴な自分ですが、iPhoneGoogleマップWi-Fiルーター装備で完璧です!

イタリア語は話せませんが…グラッチェグラッチェ

 

f:id:makoushi:20140105163357j:plain

何かの博物館らしいですが、自分は美術には興味は無いので

その裏手のでっかい庭園へ。

 

f:id:makoushi:20140105163404j:plain

f:id:makoushi:20140105163416j:plain

とても大きくて綺麗です。

舞踏会とか開けそうですね。

 

f:id:makoushi:20140105163423j:plain

公園の上の方からフィレンツェ市街を見下ろして。

こういう高台から見下ろす市街風景っていいですよね♪

 

f:id:makoushi:20140105163439j:plain

f:id:makoushi:20140105163444j:plain

城塞跡もありました。

壁だけみたいで、中には入れませんでしたが。

 

f:id:makoushi:20140105163453j:plain

f:id:makoushi:20140105163457j:plain

しかしこうやってヨーロッパの街を一人で散歩するなんて

ちょっと前までは考えられなかったなぁ。

 

f:id:makoushi:20140105163516j:plain

f:id:makoushi:20140105163522j:plain

f:id:makoushi:20140105163528j:plain

昨晩歩いたポンテ・ヴェッキオ橋。

宝飾店さんが並んでいます。

 

f:id:makoushi:20140105163538j:plain

f:id:makoushi:20140105163544j:plain

f:id:makoushi:20140105163550j:plain

f:id:makoushi:20140105163603j:plain

しかしこっちの建物は本当にすごい存在感です!

 

f:id:makoushi:20140105163611j:plain

そしてオープンテラスがお好きなようでw

そこかしこで外にテーブルと椅子を出して飲んでますw

 

 

昼になったのでホテル近くまで戻って、モードエルフさんと合流して市場へ。

 

f:id:makoushi:20140105163635j:plain

f:id:makoushi:20140105163640j:plain

台湾や香港でも市場にはよく行くのですが、各国の違いがあって面白いです。

 

f:id:makoushi:20140105163954j:plain

フィッシュ&チップスっぽいのを注文。ワインは無料♪

でもお店の中の食べる所はいっぱい。

 

そしたら店主が隣の店に皿を持って入っていって、ここで食え! とw

 

いやいやいや、さすがにマズイでしょ!

と思ったのですが、隣の店の店主は何も言わず…。

さすがイタリア!ww

 

 

小腹を満たした後、ちゃんとお昼ご飯を食べるべく別の店へ。選んだお店は…

 

f:id:makoushi:20140105164004j:plain

フィレンツェでラーメン屋!w

 

このお店は日本から来た日本人がやっていて、地元でも有名らしいです。

 

f:id:makoushi:20140105164022j:plain

f:id:makoushi:20140105164027j:plain

f:id:makoushi:20140105164247j:plain

f:id:makoushi:20140105164253j:plain

これらの写真をアップして「フィレンツェなう!」とTweetしても、誰が信じるだろうか…

 

味は日本のラーメンそのままで美味しかったです♪

長期間滞在してる時で、日本食が恋しくなった時は重宝しそうです。

 

 

夕方、フィレンツェを離れて一路東へ。

 

次の目的地は…

次回のお楽しみに!