読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔公子の日記

同人サークルRED RIBBON REVENGERのサークル情報他、台湾、香港、韓国、中国、ヨーロッパなどの旅行日記、日々の戯言などw

12/26~30 コミックワールドソウル参加旅行記2~一日目晩ご飯編~

2012年末に行ったコミックワールドソウルの参加旅行記です。

バックナンバーはこちら

 

12/26~30 コミックワールドソウル参加旅行記1~初日編~

http://makoushi.hatenablog.com/entry/2013/01/05/230758

 

空港から地下鉄でソウル市内に出て李さんとも合流して、まずは漫画専門店へw

 

f:id:makoushi:20130110193519j:plain

f:id:makoushi:20130110193523j:plain

置いてあるものはハングル文字になっている事以外は変わりません。

流行りもいっしょみたい。

 

 

そして待ちに待った晩ご飯!

 

f:id:makoushi:20130110193533j:plain

マグロ食べ放題のお店に入りました~。

店内も和風な雰囲気です。

 

f:id:makoushi:20130110193538j:plain

早速マグロがドッサリ!

店員さんが部位の説明をしてくれます。一生懸命日本語でw

ありがとうございます!

 

なんかサービスもしてくれました。

 

f:id:makoushi:20130110193544j:plain

美味しそうな色したお酒なのですが、下はラズベリーで

上の透明部分がなんとマグロの眼球(の水晶体?)のお酒だそうです!

材料はともかく美味しかったですw

 

f:id:makoushi:20130110193552j:plain

その後別の店で麺を食べて、今日はお開き。

 

 

そして今回泊まるところなのですが、李さんのお祖母さんが

「航空券も高いのに、ホテル代は大変だろうから、うちに泊まっておいき」

と、泊めてくださいました。

 

夜遅くになってしまったのに、とても歓迎してくれて

翌朝は朝ご飯を用意してくれたり、果物を差し入れてくれたり。

しかも後で知ったのですが、お祖母さんのアパートは床暖房が備え付けなのですが

お金が勿体無いので契約していなかったそうです。

でも日本人にソウルの冬は寒いだろうからと、わざわざ契約してくれたとか…

 

お会いするのは初めてだったのに、ここまでしていただけるなんて

思わず涙が出るくらい感激しました…!!

別れ際にも「是非またいらっしゃい。今度は焼肉をご馳走するから」

と言ってくれて、もう……。

 

なんか田舎のおばあちゃんを思い出してしまいました。

本当にありがとうございました!!

 

 

つづく