読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔公子の日記

同人サークルRED RIBBON REVENGERのサークル情報他、台湾、香港、韓国、中国、ヨーロッパなどの旅行日記、日々の戯言などw

台湾香港即売会旅行記〜台中行ってきました。明日はFFです〜

遠い故国を離れて一週間。
そろそろ我が家の布団が恋しく…ならないんですねーこれがw
何せ敷布団から掛布団、枕まで全て
自宅と同じものを日本から持ち込んでますからwww


敷布団なんて、西川のムアツ布団という特殊な分厚くて巨大な布団を
よろけながら抱えて持ち込みました。
税関で何も言われなかったのが不思議なくらいで…。
日本のパスポートの力はすごいですね。


てなわけで毎日安眠しておりますw



昨日は台湾中部にある第三の都市、台中に行って来ました。
台北から国鉄の特急(自強号)で二時間ちょっとです。
(新幹線なら一時間)


f:id:makoushi:20120206022819j:image
f:id:makoushi:20120206022818j:image
ビーフンの美味しい街、新竹を通り過ぎてさらに南下。


f:id:makoushi:20120206022820j:image
やってきました台中!
台北よりもかなり暖かいです。
昼間はジャケットがいらないほど。


f:id:makoushi:20120206022817j:image
植物も南国風なものが目立ちます。



やってきた目的地は…


f:id:makoushi:20120206022822j:image
やっぱりオタクショップ!www


台北のさらに南まで行って何やってんの!?
と言われそうですが、やはり気になるのですよw


f:id:makoushi:20120206022823j:image
さっそく妖狐×僕SSも。
さすが台湾! オタク関係に関しては日本との時差はありません!


一階は漫画雑誌コーナーで、二階はグッズやDVDがありました。


こんなパネルも!
f:id:makoushi:20120206023319j:image
f:id:makoushi:20120206022821j:image
この世代には垂涎物ですね。
まさか台湾でこのようなものにお目にかかれるとは…!



f:id:makoushi:20120206023321j:image
そして今回のもう一つの目的地はここ。
日本料理店「保太郎田舎料理」


さすがに一週間も台湾にいると日本食が恋しくなったので
ガイドブックに載っていたこのお店に行ってみました。


f:id:makoushi:20120206023323j:image
f:id:makoushi:20120206023322j:image
メニューも店内も、まさに日本。


f:id:makoushi:20120206023324j:image
前菜の卵豆腐。
おおっ、懐かしい味だ!


f:id:makoushi:20120206023320j:image
f:id:makoushi:20120206023325j:image
刺身とふりかけの掛かった白米が美味しいです♪



店主のおやじさんは日本人で、20年前にこのお店を立ち上げたそうです。
20年前と言えば、日本はバブル真っ只中。
牛丼が400円と今よりも物価が高く
「日本の未来は〜誰もがうらやむ〜♪」なんて歌がTVで流れていた時代です。


当時は土地の価格がべらぼうに高く、とても店を建てるお金がなかったおやじさんは
台湾に来てお店を建てたそうです。
最初はこちらの味のニーズに合わず(味噌汁の濃さとか)苦労したそうですが
こちらに来て良かったと言っていました。


自分も「台湾の人たちはみんな親切ですよね〜」と言ったのですが
「確かにそうだが、20年前はもっともっと親切な人が多かった。
最近は他人に無関心な人が増えた」との事。


そう言えば、台湾の電車ではシルバーシートに座っている若者がとても少ないので
台湾人の友人にその事を褒めたところ
「最近は何食わぬ顔で座っている人もいる。マナーを守れない奴が増えた」と…。



自分の目から見たら、今の台湾でも親切な人だらけで天国のような場所なのですが
最近はダメだって…20年前はどんな天国だったんでしょう!?


しかも台湾人の多くは、日本人はもっと親切でマナーが良いと思っているらしいのです。
過大評価も過ぎると思うのですが、せっかくそう思ってくれているのなら
彼らを失望させないよう、行動には努めて気をつけたいと思います。





…エロいのは悪いことじゃないよね? ね?